ダメ太郎スマイル、深海日記

クワインを読むんだ

哲学史であそぼう

哲学を勉強するうえで、なんらかの主題について議論しているとしよう。ゼミでもいいし、鴨川でヌートリアとしていてもいい。あるひとの議論について、「その考えはもう検討した。だから、メリットは…で、デメリットは…だ。……」と返答できることは、クールだと思えないだろうか。すくなくとも、改めて吟味して長所短所を検討しなくてすむので、経済的といえる。しかしながら、こうした返答の下地にするために、あらゆる主題について、あらゆる路線で、あらかじめ検討をしておくことは不可能に近い。だからといって、先回りできないと考えてしまうならば、あなたはすでにつねに間違えている。哲学史の知識が役に立つのであ~る。
わたしたちが思い付く問題を格納する大きな問いであったり、類似点の多い問いがすでに哲学史に含まれてるといってよい。そうでなければ、わたしたちは、新規性のある問いを毎日毎日どうでもいい会話のなかで、吟味することなくドブにすててることになる。(もしかしたらそうかもしんない。)目の前で生起した問いが既知の問いの実例だったら、特殊な条件が干渉しないかぎりで、既知の答えにそって応答ができるし、それに類似した問いならば、そこから拡延して有望な応答が可能になる。簡単に言ったら、こうした順列は考えやすいし、応答に失敗したとしても、既知のものと差異によって、当該の問題への理解が深まるというおまけもあるだろう。ただし、こうした素地を作るために哲学史を学ぼうとしても、主題ごとにまとめられているわけではないので、効率的に学べるわけではない。でも、あらゆる主題について、あらゆる路線で、あらかじめ検討をしておくよりかはましでしょ?
【追記】
・哲学概論みたいなかんじの本だと主題にフォーカスしてたものがあったと思うが、つかう哲学的な道具の歴史的発展も追うと思うので、哲学史的な記述を読む羽目にはなった気がする。歴史的に道具の発展を追うことは、どんな主題でも、理解に寄与するのでおすすめではある。
・推論はひとりでするものではないので、議論の最中に「あー、それデカルト先生いってたわー」という発言が出てきたら「おっ、拡延チャンス」くらいに思うとよい。そのときに、哲学史的にまちがってると指摘を受けたら、チャリタブルに解釈しろよと思うのではなくて、事実を取り違えていて、前提がぐらついてるということなので、ナイスパスと声援を送るとよい。
分析哲学という哲学は仮象にすぎず、来歴をわすれさっただけだし、リンガフランカというよりも、いわゆるクレオールっぽいかんじだとよ思ってるけども、ぼくが期待する哲学概論みたいな様相を一部の教科書が主題ごとにでも果たせているように見える。なんたら主義的なのやーつをなんたらさん言うてなくないかみたいのあるけども。

そこにいてここにもいない

さいきん、高校の教科書で数学とか物理の復習をはじめた。なんとかやりはじめると、なんでこんなことが高校生のときにできてなかったのかよくわからないくらいにわかりやすく、やっとけばよかったと思わされた。もちろん、ぼくのおつむが親から放送禁止用語で形容されるレベルだったり、興味がもてないとそれを大きく上回るイベントが起きないかぎり手をつけられない性格も影響してるにしても、学校に通いながら学校の意義を理解できなかったことが大きいだろう。
これには、中学受験を通じて小学校をすり抜けるようにして過ごしたことに原因があると言える(ような気がする)。小学校の授業は聞きもしなかったというか、そもそも勉強と受け取れない内容が通過していたので、話しているか本を読むかしていた(らしい)。ようは、勉強を学校でするものだと認識できていなかった。家に帰ってから塾で教えてもらい、そこから勉強がはじまる。残念ながら、中学に入ってからも変わらなかった。変わったのは、塾のかわりに部活にふたつ入ったことだけ(買ってもらえなかった漫画とゲームを手にいれる資金の調達が可能になったのは秘密)。公立よりかは勉強させられる環境だったらしいが、しょうじき、高校2年生までは勉強のまねごとしかできなかったし、それ以降は興味のあることしかしなかった。大学に入ってからも、そうだったので、トータルで学校で勉強できてなかったんだなぁと反省している。学校に毎日いながら、学校にちゃんと通えていなかった。よく考えたら、ギリギリの日数まで休んでたし、毎日いたのは嘘だ。ばじんが

どうでもいいから本を読め

メタルギアソリッドV ザファントムペインのメインミッションでの「世界を売った男の真実」では、冒頭でニーチェのことばがひかれている。事実なんてものはなくて解釈だけよ的なサムシングだったと思う。ライデンを模したスーツを獲得するためには、このミッションをSでクリアする必要があったから、最近、またこれを見た。もちろん、この文言を文字通り受け入れることはしないが、ニーチェにとっての問題状況がそっくりそのまま存立していて、わたしたちもそれを発見できるとは考えにくい。真意を確かめるためには、ニーチェのように考えるのではなく、ニーチェの本を読む必要がある。読まないけど。
このように頭で考えるよりもとりあえず読めや的な事態に往々にしてぼくたちは出会う。上述した通り、哲学的に考えたらすでにつねに存立している問題状況に遭遇して、先人とおなじ思想あるいは似た思想に行き着くとは考えにくく、おなじことを考えたいなら、早いとこ本読めよというのはわりあい真剣に受けとるべきなんだろう。かりに哲学にとって必要不可欠な出来事があって、それが問題であり、2500年間つねづね発見されて試行錯誤されてきたんだなんて言おうものなら、それは歴史修正主義者のざれ言に過ぎない。哲学史をひもといてみれば、中心的な問題が移り変わることはおろか、そもそも哲学の占める社会的な位置や、方法論は変わっている。唯一変わってないと言えるのは、少なくともみんなみんなだれかの本を読んできたということくらいだろう。だから、すくなくとも最初にすべきことは本を読むことであって、たのしくかって気ままにおしゃべりすることじゃないはずだ。それでも、ニーチェ読むくらいならメタギアやるけど。

【追記】
・哲学をやるのに重要なことはR. Rortyの“Linguistic Turn”にすべて詰まっている(ような気がする。ローティに共鳴する必要はないけど)

哲学ってどこにあるの

哲学がなにかよりも、哲学という営為がどこにあらわれてくるかのほうが気になる。たとえば、文献研究をメインにして哲学をやり、哲学史に貢献する人間のなかに、だれだれの哲学ということば遣いをするひとがいる。こうしたことばから、「哲学はあるひとの思索のなかに現れてくる」とか、「哲学はあらゆるひとの思索のなかに現れてくる」とか考えていいのか。すなわち、あるひと、もしくは、あらゆるひとの思索のうち吟味に耐える部分が哲学と呼ばれるのか。あるひとの考えはそのひとのなかになければならないというのを考慮すれば、特定の哲学的思索がだれかのなかに現れてくる、だれかのものであるのは当たり前と言えるかもしれない。
でも、よく考えてみれば、わたしたちが哲学に触れる経路の大半は本だとか論文だ。だから、哲学が宿るのは文字列のなかだと考えるのはふつうのことではないのか。いくらプラトンが会話を主軸とした文字列を組織して、哲学を表現したからといっても、その対話篇は、かなりよく練られた文章であって、発話や考えだけではない。その所在はひとではなくて、紙の上だ。この場合、さきのだれだれの哲学ということばは、だれだれのなかに哲学があるのではなく、だれだれの書いた文章のなかにあるし、それがだれであってもよかったと解釈してもいいかもしれない。ただ書いたのがその人のものだったというだけで、名前を冠する権利をもらったにすぎない。著作権がだれかに所属することはあっても、哲学はだれか特定の個人に所属するものでもない。
しかしながら、たとえば、アウグスティヌスの思索が現代のわたしたちが思い付くようには思えない。というのも、かれがそのように考えなければならない環境が現代にもそのままあるわけではないからだ。すなわち、問題状況をわたしたちとかれではすっかり共有しているわけではない。それでも、そうした問題状況が実際的に特定の個人にしか生起しないと言えたとしても、哲学は特定の個人の部分でしかないという想定には反対したい。

所感:タバコ問題

わたしは倫理学にあまり明るくない。1948年とか、1951年、1953年、1960年のクワインほどにはわからないし、政策決定についてはいっそうのことよくわからないけれども、わたし自身よくタバコを吸うので、現状での飲食店での喫煙とか非喫煙者(とくに紙タバコの臭いが嫌いなひと)同伴での喫煙にかんして考えをまとめておきたい。
飲食店等での無制限な喫煙は、他者危害原則に抵触すると倫理学の題材としてよく議論されいると思う。これにかんしては、あまり異論はいし、他人とのかかわりが問題となっている。個人としてだけの問題としては、愚行権による正当化などがあげられるが、田上先生などはうまくいかないと著書で論じているし、グッディンはインフォームドコンセントの観点から正当化できないのではないかと論じている。こうした議論がただしいならば、喫煙者は、個人の行為として正当化できないものの、他者危害に抵触しない範囲での喫煙が可能かと問う必要がある。擬似的な、あるいは短期的な快楽のために実際の、あるいは長期的な快楽を犠牲にすることが社会的に許容されるか検討する路線だ。
個人的には、無制限な喫煙は許容されなくても、制限つきならばその可能性があるのではないかと思いたい。たとえば、喫煙可能な店舗だけではなく、禁煙の店舗もそれらと同等以上の割合で食事などでの選択肢にいれられるとか、労働者を成人にかぎり合意をとりつける(すべての危害がある職場に合意を取り付けてもつけないとするならば軍人とかの危険度のたかい職につくこと自体正当化できないことになってしまう)など。現時点だと、こういう状態は実現されていないので、他人からやめてほしいなど頼まれたらすくなくともその場では吸わないなどの配慮は必要かもしれない。

追記
JAISTかなんかで全面禁煙になったというニュースがあったけど、大学とかは飲食店とちがってほかのところに行くとか、生活のなかでべつの禁煙してる大学にうつるとかかなりしにくいので、基本的に禁煙にしてしまったほうがいいとは思う。すくなくとも、建物やキャンパスの出入り口に設置してはならないのではないか。

ナンバー・ワン!

マックバレンのバージニアNo. 1を買ってみたので、さっそく詰めて吸っていた。とりあえず、アシュトンに詰めこんで火をつけてみる。レディラブドとシールが張ってあるとおり、すでにある程度ほぐれているものの、粗さ的には、ブルーノートとかマラードよりも粗いので、自分でも解す。そのお陰か、立ち上がりは悪くない。
吸ってるときのおともは何にしようかなと考えながら、Huluを眺めてたら、メンタリストを久しぶりに見たくなったので、字幕でつけた。ちょうど、シーズン1の終わりから視聴することになったので、ジェーンがむかし破滅させた男の息子に復讐される話を見ることに。男運の悪いヴァンペルトが犯人に利用されてちょろまかされたり、ジェーンの過去が小出しにされたりするなど、すこしビターなストーリー。パイプタバコと違って、立ち上がりもかなり早いし、ハラハラする終盤まである。
なのに、口のなかでは、ひたすらマイルド目なのにじゃっかん主張の強いタバコが文句をいっていた。オーリックほど甘味は強くないけど、イルステッズ・オウンほど、穏やかでもエレガントでもない。すこし今回吸うには中途半端だったかもしれない。ナンバー・ワンにはしてやれない。

40秒で支度しな

今年度に入ってからたいぶたち、すでに秋学期がはじまってしまった。生活のスケジュールもかなりかわり、それにともない生活の質もかわってきた。去年はパイプに火をいれるのがめんどくさいなと思いもしなかったはずだ。
パイプを吸うための用意にはすこし時間がかかる。まず、使いたいパイプを持ってきて、ひとしきり眺める。おいおいサラさんよぉ、いい丸みをおびてんじゃねえか、このタバコに火をいれてほしいんだろうとか邪な考えを持ちながら、タバコを決める。最近は、甘い着香よりも穏やかでコクがある感じのほうが好みかもしれない。ボウルに突っ込む前にフレイクをほぐして、ほぐす。ここまでにだいたい15分ほどかかる。そして、火をつけておさえながら、落ち着かせる。この瞬間に、信じられないかもしれないが、器用にスマホを操作しながら見る映画を決める。109分ほどのがベスト。はじまったなと思いながら、飲み物を用意して本格的にタバコをキメる。トータルで25分ほどだ。
残念なことに、こうした挙動を毎日生活には埋め込めない。思い立った瞬間に、まだ確定してないスケジュールを組み込みまくらないと、なかなかいろいろできないので、その点、パイプスモーキングは、確定的なスケジュールとして、生活に組み込んだほうがいい。わたしの指導原理はドーラの一声だ。だから、きょうもロブストサイズのシガーに火をつけて、つれてってくれと言いながら、コーヒーカップを見つめている。パイプは、ラピュタの王族にでもくれてやろう。