ダメ太郎スマイル、深海日記

クワインを読むんだ

ナンバー・ワン!

マックバレンのバージニアNo. 1を買ってみたので、さっそく詰めて吸っていた。とりあえず、アシュトンに詰めこんで火をつけてみる。レディラブドとシールが張ってあるとおり、すでにある程度ほぐれているものの、粗さ的には、ブルーノートとかマラードよりも粗いので、自分でも解す。そのお陰か、立ち上がりは悪くない。
吸ってるときのおともは何にしようかなと考えながら、Huluを眺めてたら、メンタリストを久しぶりに見たくなったので、字幕でつけた。ちょうど、シーズン1の終わりから視聴することになったので、ジェーンがむかし破滅させた男の息子に復讐される話を見ることに。男運の悪いヴァンペルトが犯人に利用されてちょろまかされたり、ジェーンの過去が小出しにされたりするなど、すこしビターなストーリー。パイプタバコと違って、立ち上がりもかなり早いし、ハラハラする終盤まである。
なのに、口のなかでは、ひたすらマイルド目なのにじゃっかん主張の強いタバコが文句をいっていた。オーリックほど甘味は強くないけど、イルステッズ・オウンほど、穏やかでもエレガントでもない。すこし今回吸うには中途半端だったかもしれない。ナンバー・ワンにはしてやれない。

40秒で支度しな

今年度に入ってからたいぶたち、すでに秋学期がはじまってしまった。生活のスケジュールもかなりかわり、それにともない生活の質もかわってきた。去年はパイプに火をいれるのがめんどくさいなと思いもしなかったはずだ。
パイプを吸うための用意にはすこし時間がかかる。まず、使いたいパイプを持ってきて、ひとしきり眺める。おいおいサラさんよぉ、いい丸みをおびてんじゃねえか、このタバコに火をいれてほしいんだろうとか邪な考えを持ちながら、タバコを決める。最近は、甘い着香よりも穏やかでコクがある感じのほうが好みかもしれない。ボウルに突っ込む前にフレイクをほぐして、ほぐす。ここまでにだいたい15分ほどかかる。そして、火をつけておさえながら、落ち着かせる。この瞬間に、信じられないかもしれないが、器用にスマホを操作しながら見る映画を決める。109分ほどのがベスト。はじまったなと思いながら、飲み物を用意して本格的にタバコをキメる。トータルで25分ほどだ。
残念なことに、こうした挙動を毎日生活には埋め込めない。思い立った瞬間に、まだ確定してないスケジュールを組み込みまくらないと、なかなかいろいろできないので、その点、パイプスモーキングは、確定的なスケジュールとして、生活に組み込んだほうがいい。わたしの指導原理はドーラの一声だ。だから、きょうもロブストサイズのシガーに火をつけて、つれてってくれと言いながら、コーヒーカップを見つめている。パイプは、ラピュタの王族にでもくれてやろう。

読みやすい哲学書の古典ってどれよ

某記事がアリストテレスの「論理学」(なるもの)とか、カントの「純粋理性批判」とかをオススメの古典としてあげていたけど、殺人衝動でもあるのか知らないけど、投げつけられたら死ぬような鈍器であるし、その記事でデカルトの「方法序説」を大著として逆張りしてる効果もないので、やめたほうがいいと思った。こうしたテーマについて自分であげるならなにをあげるのかも気になったのでメモ程度にあげていこう。
たぶん、プラトンの対話篇、しかも初期のおわりごろとか、中期のはじめをあげておくのは悪手ではないと思う。なんでかといえば、『プラトンを学ぶ人のために』の山口論文を読んでほしいけども、面白いし、教科書ほど飽きたりもしない。大切なことに、文庫版で数種類でてもいる。たとえば、「弁明」とか。
文庫があるかというフックも念頭におけば、デカルトの『方法序説』も悪くない。たしか、あれはパンフレットみたいなものだった記憶があるし、岩波現代文庫に手引きとなる本もある。
「序説」のように対話篇でなくても、いい本もあることからわかるように、対話篇ならなんでも言い訳じゃない。時代がくだるにつれ、山口論文で考察されているような理念はあまり見受けられなくて、じゃっかん説教臭い。たしかに、それぞれの哲学者はいりとしては見逃せないかもしれないが、デカルトの「自然の光による真理の探求」(だっけ?)のように未完でアクセスの悪いものもある。
それぞれの哲学者の入門として落とせないものだと、カントの場合、中公クラシックスに『プロレゴーメナ/人倫の形而上学の基礎づけ』などが解説もコミでいいかもしれない。
ぼくの専門にちかづくにつれ例をあげがたくなるが、「論考」だけはスキップしてもいいだろう。あれはよくわからん。古典として読むよりも入門書とか、手引き書を読めよというはなし。分析系は、そうじで教科書を読むのが吉。クワインも例外じゃない。もしかしたら、クリプキーはすすめてもいいかもしれないけど、アクセスがわるい。ただ、プラグマティズム関連だと、パースもジェイムズも岩波文庫に論文集が入ってるので、それはすすめてもいいかもしれない。デューイは訳が古くなるけど、文庫で著作が手にはいる。
たぶん、哲学専攻以外と専攻の下回生にすすめるものでわけて古典は考えた方がいいんだろうし、哲学専攻以外には、哲学史とかの教科書をすすめとくのが安全なのかなと思う。

【注記】
・哲学書は、ふつうのことばすらもかなりテクニカルタームになっているので、そもそも読みにくいというはなしは脇においておこう。

乾いて、枯れるか。もうだめだ

学期中は、正直パイプをあまり吸わなかった。さいしょは何ボウルも吸ってたのに、大きめのパイプでひとボウル、そのうち、それを二日三日かけるようになった。さらに悪化して、置いてあるパイプが何日目かわからなくなる。それが5月の下旬くらい。それからは、週一ふつうのパイプでひとボウルかもしれない。原因は、わかりきっていて、行き付けの珈琲屋がやってるタイミングで家に帰って来ない、暑いからなにもしたくない、というか疲れて眠い、それでも翻訳間に合わねえし、教職なくなれなどだ。
だから、ゴールデンウィークに買ったロバートマッコーネルのオリジナルスコティッシュフレイクとか、マクレーのブラックシャグは放置してあった。その前に買ったタバコなんて目も当てられない。スコティッシュフレイクは乾くといってもたかがしれてるけれど、着香軍団は梅雨を乗りきれなかった。買ったときのほうが、ケンタッキーの華があり、イルステッドほどでないにしろ落ち着いたバージニアとあいまって豪奢でないにしろ、エレガントなタバコだった。いまとなっては、追い剥ぎにでもあったらしい。
ぼくも熱中症になってから、なんとなく調子でないし、実家に眼鏡忘れるしもうだめだ。

雑記(ふたつのドグマ関連)

調べものをしていて、ふたつのドグマにあるさまざまなモチーフのもとネタを見つけられそうになっている。そのなかのひとつに、むろんフレーゲとかもあるんだけど、デューイ系列のひとから影響受けてるっぽいのもあった(ただし、2nd edでは注ごと削除されていた)。いままでのクワインについてのイメージは、ジェイムズ⇒パース⇒デューイの順でなぞっていて、デューイに到達するのは自然主義関連のことをいいだす辺りかとおもっていたけど、もうすこしはやいかもしれない。こんど、デューイの年表とクワインの年表をならべたみたり、影響関係をWikipediaゲームのごとくたどるとおもしろそうだと思えた。

哲学史について

哲学史を勉強する意義は、ある意味合いで、判例をまなぶことである言える。しかし、哲学科や哲学専攻に所属してなければ、あるいは、大学に所属してないのであれば、ある程度哲学専攻の人間と共通理解をつくれるほどの理解を獲得しにくいだろうから、いくらか文献をあげて、レベルわけしようとおもう。この記事は、ぼくが院試をうける後輩への助言のもとにもするので、暫定的な内容にとどめる。

さて、哲学史を学び始めるとき、ふたつの視点を導入できる。ひとつに、個々別々の哲学にかんする簡潔ないしは適切な共通した説明の歴史的一覧。もうひとつは、特定の時期を焦点化し、それぞれの特徴によって、歴史的に整序する視点。いまの日本の出版状況をかんがみれば、この先、『哲学の歴史』にまさる網羅的な本は出版されないかもしれない。しかしながら、この本はあまりにも苦痛だ。読み通したくないし、あなたが「スーツ」にでてくるマイクなら、手始めに読む価値がある。けれども、大抵の人類は、一度見ただけものを記憶できないばかりか、理解もできないので、グレードダウンさせてみよう。
総覧的視点からは、『西洋哲学史』(岩崎、有斐閣)が教科書っぽく、ポケットにぶちこめる。また、貫成人の『図説・標準 哲学史』もある。歴史整序的には、伊藤邦武の新書や、『西洋思想のあゆみ』(岩田編、有斐閣)があるかもしれない。しかし、前者はかれ独特の螺旋的な歴史観が示されていて、後者は、編著であるために、それぞれの項目での統一感はあっても、全体的にはすこし見えにくく、薄いために情報量の不足が否めない。とはいえ、これらの本は本屋やAmazonで手軽に購入できるし、きっかけとして悪くない。つまり、内容は押さえられなくても、理解しにくくても、覚えるべきことばが文中に生起しており、これからの学習(哲学史のも、哲学のも)のコストを下げる。この段階での特徴は、全体的な視点に気を配ることが多く、適切とは言えなくても、手引きになるということだ。
薄めの本を諦めて、本屋やAmazonに頼るのも止めれば、もうすこし道が開けてくる。この段階での難点は、一冊で通史とはいかなくなる点である。総覧的視点でも、歴史整序的視点でも、話題が限定される。たとえば、リーゼンブーバーをとってみても、せいぜい中世までだ。この本は、全段階の本と違って、取り上げられている哲学者のテキストが多く引用されはじめる。こうした文言から文への移項をレベルアップと見なしていいとおもう。ここら辺になってくると、たくさん本が出てくる(ジルソンとかパスモアとか、九鬼周造とかあげればきりがない)けれども、さいしょの『哲学の歴史』にふりもどってもいいかもしれない(しかもこいつは本屋で買いやすい)。
つぎの段階では、まえのレベルでそれぞれいろいろな場面で、自分のもっている印象の強弱がばらついているだろうから、均してみよう。そうすると、個別史or編著から、通史and単著というレベルになる。たぶん、ヒルシュベルガーとコプルストンを真っ先にあげとけばそんなに怒られないはず。ラッセルというダークホースもいるが、かれによって独断のまどろみから覚めたら、あなたはきっとまた寝る。かれらの本は新しくないので、個別的なポイントでは、前段階の本のほうがただしいことを書いている。ただ、単著であり通史的である点で、ひとりの著者により最低限にそれぞれの緊密さを与えられているし、通史にする必要上、最低限の情報量が満載されている。だから、いろいろ詰め込みまくって イッパイイッパイになってるころに読めば、第一段階での全体的な枠組みをアップデートできるし、第二段階での情報量や焦点的な枠組みを整序しやすくなる。気が向いたら、第二段階に戻るなり、興味のある哲学者の原著や専門書に向かえばいい。
ここまできたら、哲学史で聞いたことない哲学者や、著作、術語はあまりなくなるし、ある程度自信もつくはず。なので、さいごにどうでもいいトリビアとして、ハルトマンをあげておこう。ここにあげてないけど、日本語で読める哲学書で、通史的で単著でないものはいくらかあり、すこし古めの本になればいわゆる新カント派の影響を見てとれる。たとえば、岩崎の普遍論争の説明など。こうした、新カント派っぽいこと書いてる本がハルトマンだ。しかも、ドイツ語も(ありえないほど)難しくなく(邦訳もある)、哲学史については100頁をくらいなので、ド変態でなくても夏休みなどの長期休暇をつかえば、それなりに読める。
異論は多いと思うのだけど、ここらへんの内容にかんして、哲学専攻の人間とはなして、あ? みたいな顔をされずはなしができていれば、哲学や哲学史にかんする期待されてる程度の理解があると見なされると思う(あと院試的にも困らない)。

追記:
・有名な哲学史バイアスとして、ヒルシュベルガーものべているが、アリストテレスに中世哲学を読み込むとかがある。ヒルシュベルガーがやってるものとしては、初期ギリシア哲学にアリストテレスを読み込むなどがある。そういったものは、比較的新しく、評価が上がりつつある研究書で指摘してあるので、先生や研究者に聞くとよい
・とくに包括的な理解を求めてないなら、第二段階までにして、あとはトピック的な教科書とかリーディングスでも読めばいい
・最終的には、Five milestones of empiricismのように、五段階にわけてもうすこし細かく分類しようと思うし、それぞれの本の特性と学習者のレベルにかんするパラメータを組み合わせて汎用性が高くしたい

分析と線引き

分析哲学の特徴について考えていた。ぼくは、基本的に、分析哲学一般が持つ特徴を措定すること自体に懐疑的だし、そうした企みが成功すると思っていないので、精確には、多くのいわゆる分析哲学者の著述にある傾向と言うべきかもしれない。
ひとつめに、ある主題について、適切な議論を構成するといってもいいだろう。どうなふうに組み上げられてるかは、T. ネーゲルにでも聞いとけばいいだろう。
ふたつめに、こうした目的をなぜもっているのか。歴史的には、ラッセルを墓から叩き出すか、ドクターに頼んでターディスに乗せてもらい、ラッセルに会いに行けばヒントくらいはもらえるはずだ。ゼリーの塊は粉砕したほうが扱いやすいし、そんなもんつくるなというはなしだ。特定の立場を採用してなければできない議論と、そうでない中立的な議論がある。それらの線引き、その画定作業は領域にも波及するかもしれない。
こうした観点からなら、分析哲学者の傾向をそれなりに、考えられのではないかな。これくらいしか、クワイン分析哲学者であり、先行する分析哲学者の影響下にあり、後続する分析哲学者に影響したとのべる意義があまりない。